« パッチワーク | トップページ | とうとう・・・ »

ようすけがうちに来た訳

平成元年冬、2度目の子宮筋腫の手術をしました。

そして平成2年夏、卵管を正常にするため腹腔鏡術を受けました。

不妊治療の検査で、卵管が詰まっているのがわかったのと、

子宮と腸が癒着し、水が溜まって痛みもあったから。

その頃はまだ、だんなは前の職場の同僚とお店を共同経営していて、

人手は足りて何とか二人でやれるという事だったので、

開腹した訳ではないし、抜糸がすんだ後は痛みも少しで、

復帰できない事もなかったんだけど、お言葉に甘えて自宅療養する事にし、

仕事は9月から復帰という事にしました。

今もそうだけど、私の仕事はお掃除か記帳事務くらいなので、

だんながせっせとうちへ帳簿やら伝票やらを運んできて、

私が自宅で事務作業をするという具合。

甘えて自宅療養なんてしてるから、一人で家にいるのがなんか寂しいし、

毎日が手持ち無沙汰で、暇をもてあましてた。

そんな時、

「買わないよ、今日は見るだけ、見るだけだからね。」

「そっ、見るだけ、見るだけ。買わない、飼わない。」

と二人で言い合いながら、ペットショップへ行った。

「見せてくださいね。」

とか言いながら、店長さんの、

「どんな犬種?どんな子がいいの?予算は?」

「吠えない子、元気な子。」

な~んて質問にどんどん答えてる二人。

Nakayosi4_1  お店に出ていたわんこはみんなチャンピオンがお父さんだったりだとか、

そのわんこ自身もコンテストに出す子だったりとか、いいわんこばかっりで、

値段もその当時15~20万前後で高い方で、とても手が出ない。

『まあ手が出ないから、ちょうどいいわ、見るだけだもん。』

Syouyoki3_1   と思っていたら、奥の部屋からようすけが出てきた。

「この子、一人っ子でわがままだけど、ぜんぜん吠えない子ですよ。ちょっと大きくなっちゃってるから8万でいいし。」

もう値段よりも何よりも、ようすけと目があって、

あのかわいいつぶらな瞳でキラキラ光線発射されてしまったら最後、

『この子が欲しい。』

になっちゃった。もちろん二人とも。

わんこと人間もビビビの縁なんだよね~。

残念ながら不妊治療の甲斐もなく子供には恵まれなかったけど、

うちには毛むくじゃらのようすけというわんこがいます。

人間にたとえると私たちよりもずっと年上になっちゃったけど。

Hanayoki_1 わが子同然です。

|

« パッチワーク | トップページ | とうとう・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

目があってビビビ!ときたらもうダメです。
前の子は2匹かごにいたけど 私の指に小さな歯でカブッってやったから あなたに決定!でした。
ばっちさんもいろいろあったんですね。

投稿: あぴこ | 2006年2月20日 20時38分

飼うつもりじゃなく、見るだけ・・・・それは、もう飼うつもりです。(笑)タロはプロフィールにも、書いているけど里子として我家にやってきました。先代の風介がいない寂しさに耐え切れず、里子を迎えたわけですから、なかば「どんな子でも・・・・」という気持ちがあったかも・・・・(あっ、タロ聞いてた?ごめん)しかし!今となっては我家のかけがえのない存在!風介は風介、タロはタロなのです。(あたりまえの事に最近気づきました。)だから、こんなブログも初めてしまったのかも・・・・家も子供がいないので大事な息子です!

投稿: タロママ | 2006年2月20日 22時22分

運命的出会いって、ドラマの中だけだと思ってましたけど、あるのですね、ようすけ君もビビビーって来たのですね、
ビビビとビビビ、良いなぁ~
nekosannはビビビって来たこと無いのよね、わん君は子どもが、ニャンズは保護猫です。でもこれが運命かも

投稿: nekosann | 2006年2月20日 22時43分

☆ あぴこさん
色々あったけど、私だけではなくみんなそれぞれ色々あって年を重ねていく物だと、ずいぶん経ってから思うようになりました。
あの頃は、自分だけが悲劇のヒロインのように思ってましたっけ。
ようすけにはいろんな面で助けられました。

☆ タロママさん
そうなんですよね~、多分その時はもう二人とも飼う気だったのかも。
ようすけが天寿を全うしてくれて気持ちの整理がついたら、
私もタロママさんのように、次の子を迎えるかもしれません。
でも、ようすけはようすけ、新しい子は新しい子で、
同じようにはならないでしょうね。
わんこでも1頭1頭性格違うだろうし。
タロママさんちもお子さんいないんですね。
そんなところまで一緒なんて、ますます親近感がわいてきちゃいました。

☆ nekosannさん
どんな出会いでもそれは縁だと思いますよ。
保護猫って捨て猫ちゃん?
うちのお隣のお店にも、時々訪れる親子のにゃんこがいました。
おやつやご飯をもらってましたよ。
そういえば寒くなってから見かけなくなったな~。
どうしてるんだろ?

投稿: ぱっち | 2006年2月21日 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41173/771145

この記事へのトラックバック一覧です: ようすけがうちに来た訳:

« パッチワーク | トップページ | とうとう・・・ »