« かっかっかっ | トップページ | 病院へ »

今年で二十歳

お付き合いのあるお弁当屋さん。

ずっと前から、シェルティちゃんがいるの知ってた。

今日、ようすけを抱きながら話をしていたら、

「うちは今年で二十歳なんですよ~。」

って。

すごいな~。

確か、両後ろ足が悪くてあんまり動けないって、

前に聞いてたんだけど。

もう目も完全に見えないらしい。

でも、お水やご飯の置いてある所はちゃんと覚えてて、

そこまで自分で行くんだって。

しかし、ご主人の体の具合が悪くって、

来月、バリアフリーのお家に引越しするって。

「新しいところで、なじんでくれるか心配なの。」

って言ってた。

そうだよね~、目が見えないのにお家が変わって、

その上、配置もまったく変わっちゃうのに・・・。

ようすけが今年で16歳だって言ったら、

「そうなの~、がんばってね~。」

って言ってくれた。

なんか近頃の私を考えてたら恥ずかしくなった。

200701091_1 めげずにがんばらなくっちゃ。(^ ^)

夕飯の時、あんまり激しく

テーブルの周りを走り回るので、

閉じ込めました。

腰に悪いっちゅうの。

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ テリアへ

|

« かっかっかっ | トップページ | 病院へ »

ようすけの毎日」カテゴリの記事

コメント

へぇ~20歳のシェルティー?凄いね~
人間界も100歳以上の方が沢山いるから、ワンコの世界でもご長寿犬が増えてきたね~
ようすけさんも、仲間入りだ♪

投稿: タロママ | 2007年1月15日 13時41分

すごいよ、すごい、嬉しくなるよね、長生きのわんにゃんがいることがもの凄く嬉しい、(*^_^*)
ようすけ君、腰がまだ痛いんだ、長く使えない薬は後どれくらい使えるんだろうね
良く見るサイトにドクターWOのペット相談室って言うのがあります。そこに良く色々なわんにゃんの飼い主さんが相談してるよ、覗くだけでも為になるかも(*^_^*)

投稿: nekosann | 2007年1月15日 19時45分

今年二十歳になるシェルティちゃんですか
そういう話を聞くとすごく励まされる気がします。

犬の方が寿命が短いのだから自分より先に逝ってしまう、
頭では分かっていても心はそう簡単には割り切れませんものね

リッヒの4歳の誕生日直前に乳腺のシコリを見つけてしまい、
まだ3歳なのに、
いきなり愛犬の寿命について思い知らされました。

幸い小さなシコリで全部摘出し転移もないとの事ですが、
そんなのいつどうなるかわからない。
時間があるたびにあちこち触りまくって変なシコリはないか確認しています。。。
だって万が一あったとしたら小さい内に見つけてあげたいもの。

腫瘍の再発・転移がないか触りまくりつつ、同時進行で関節炎の治療。

でも、ようすけさんやシェルティちゃんが歩んで来た道を歩いて行けるようゆっくりがんばって後からついていきますョ。

投稿: めいぷる | 2007年1月16日 00時00分

☆ タロママさん
ご長寿犬、最近は多いみたいですね。
ご近所に19歳のウェスティちゃんもいるから。
多分彼女も今年20歳だし。
そう考えると、ようすけはまだまだですね。
がんばらなきゃ。

☆ nekosannさん
ありがとうございます、今度覗いてみますね。
そうそう、ご長寿犬うれしくなります。
腰はいつになったらお薬いらなくなるのやら・・・。
まだ通いそうです。

☆ めいぷるさん
そうなんです、それなんです。
後から来たのに、先に逝っちゃう・・・、
それが分かっているけど、受け入れられないんですよね。
リッヒちゃん、心配ですね。
何度も手術するのはかわいそうだけど、
出来ちゃったら、取るしかないですもんね。
早く気づいて、お薬で何とかできるのなら、何でもしますよね。
しかし、あんまり疑心暗鬼になるのもよくないし。
難しいとこですが、がんばらないと。

投稿: ぱっち | 2007年1月16日 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かっかっかっ | トップページ | 病院へ »