« 病院へ | トップページ | 色んな事に不安になって・・・ »

ドンへの償い

30年以上前の事。

私がまだ中学生の頃、実家には「ドン」という名前の犬がいました。

ある正月の朝、母と私と二人でお雑煮を食べた後、

片付けも後回しにして、テレビに見入ってました。

と、庭の方で「ドンドン、ドンドン」と物音が。

恐る恐る庭に続く戸を開けてみると、

ものすごい勢いで犬が入ってきて、

飯台の下に置いてあった鍋の残りの雑煮をがつがつと、

あっという間に平らげたのです。

「ひゃー、何ぃ、この犬は?!」

と驚いて、二人で顔を見合わせていたら、

今度は、いきなり「ゲゲゲーッ」と食べた物を吐き出しました。

どうやら餅が喉につっかえたようで。

その日からその犬は「ドン」として、我が家に住む事になりました。

安易な名前の付け方・・・。(^ ^;)

その当時、家で犬の世話をするのは父だけで、

母も私も妹も、気が向くと散歩に連れてってみたり、

ご飯を上げる程度はしましたが、

お風呂に入れたり、散歩に行ったりは全部父任せ。

それが当たり前のように思っていたところもありました。

今から考えると、なんていい加減だったんでしょうね。

とにかく潔癖な父は、

毎日お風呂に入れて、朝晩散歩に連れて行ってました。

「言う事聞かん犬で、わしゃ嫌いだ。」

なんて言ってても、よく面倒見てくれてたと思います。

そして何ヶ月かたったある日。

学校から帰ってくると、ドンの姿がありません。

母に、

「ドンがいないよ。」

と言ったら、

「うん、お父さんがね・・・。」

と言ったきり、その後の言葉を言いません。

「ドン、どうしたの?」

とさらに聞くと、

「あんたたちが、面倒見るって言って全然見ないからって、

 お父さん怒って、保健所連れてっちゃったよ。

 今頃、動物園のライオンの餌になってるかもね。」

って、悲しそうに・・・。

その時は驚きで言葉が出ませんでした。

何度父に謝っても、言う事を聞いてくれず、

ドンはそのまま保健所へ行ったきりになりました。

決して父が、理不尽な人間なんかじゃないんですよ。

あの当時は今と違って、こういう事はけっこうあったようで、

野良犬狩りなんかもやってた時期でした。

いらなくなったら保健所へって感じで、ご近所の猫も、

子供が拾ってきたけど、うちは要らないからと、保健所へ持ってたり。

年月が経つうちに、そのドンの事も忘れてました。

そして今、ようすけが目を患って、耳が聞こえなくなって、

目も見えなくなって、今は大病まで持って・・・。

ふっと時々、この「ドン」の事を思い出します。

悪い事したな~って。

あの時ちゃんと約束どおり、二人で面倒見てたら、

「ドン」も、もっと長生きできてたかもしれないって。

思い出して、ふと思う事。

きっと、ようすけの介護は「ドン」への償いなのかなって。

だから、しっかり面倒を見て、

心残り、悔いのないようにがんばらないといけませんね。

|

« 病院へ | トップページ | 色んな事に不安になって・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ようすけくん、少しでも痛いのが良くなるといいですね。痛いのを代わってあげられたらと、思っちゃいますよね。

ドンちゃんは、ママさんにもう一度会いたくて、ようすけくんに生まれ変わったかもしれませんね。
時々でも、ママさんに思い出してもらうだけで、嬉しくて喜んでいると思いますよ。

投稿: ヒロリ | 2007年6月20日 12時36分

☆ ヒロリさん
お薬もらえたおかげで、今日はよく動いてます。
あんまり動くのも呼吸困難になるから、
やめさせたいんですけどね。
生まれ変わり・・・そうかもしれません。
だとしたらもっと、介護がんばらないといけませんね。
ひどい事した分、つぐないしないと、ですよね。

投稿: ぱっち | 2007年6月20日 14時06分

もしも神様がいるとしたら私もようすけちゃんとこんなに長く一緒にいさせてくれたのはドン君の分も・・だと思いたいです。どうしても年齢を重ねたら病気になるでしょう。決してぱっちさんが自分を責めることはないと思います。
ここまでようすけちゃんのこと考えて毎日暮らしているではありませんか。きっと見ているはずです・・
苦しそうな日もありましたね。がんばれ、ようすけちゃん。ぱっちさんもどうぞ無理なさらずに!

投稿: あぴこ | 2007年6月20日 17時30分

遠い昔のドン君との思い出もこうやってばっちさんの心の中にあります。
ばっちさんの心の中のドン君もきっと今のばっちさんに
ようすけ君を頼むよって言っていますよ。
ドン君はいつもばっちさんに微笑んでいます。
ばっちさんがドン君のことを忘れない限りそばにいてくれています。

私もダイちゃんは龍ちゃんの生まれ変わりだと思っています。
贅沢はさせてあげれないけれどわが子を思う気持ちは
誰にも負けない世界一の愛情があるもの…。
ドン君も必ずそばでばっちさんとようすけ君を見守ってくれています。

年寄りヨーキーの根性はすごいわよ!(龍ちゃんもド根性だったもん)
本当に頑張り屋さんなんだから…。
ばっちさんもようすけ君に負けないでね。ふふ。


投稿: thomas&diaの母 | 2007年6月20日 18時12分

今日は、起こし頂いてありがとうございます。実はずーと前から、拝見してました、
ようすけ君も頑張ってるよ、うちの子頑張れ!と励みにしていました。ありがとうございます。
今は看護が終わり、お世話させてくれてありがとう、と思っています。
ばっちさんのやさしさに包まれて、ようすけ君幸せですね。
ポチっとしていきます。

投稿: reomama | 2007年6月20日 20時12分

私は「他所の御宅の犬も可愛くて大好き!!」で自称「犬好き」など言ってますが、ぱっちさんの思い出を聞かせてもらったら、色々思い出しました
子供の頃、私の家にも常に犬がいました。
突然いなくなっても必死で探す事もなく、また別な犬がどこからか貰われてきたりして…
「番犬用」だったので勿論全部外飼いでした
大事にしてあげた記憶もなくて、、、なんだか悲しくなりました。。。
ドン君は思い出してもらえてきっと喜んでいますね。。。

投稿: コニタン | 2007年6月21日 00時06分

そうですか、そんなことがあったのですか、
なおさら、ようすけくんが愛しいですね、
お互いに残された時間、出来る限りの時間をこの子たちに向けたいね、パッチサンは頑張ってるものね、nekosann反省です。(ーー;)

投稿: nekosann | 2007年6月21日 07時57分

ようすけくん、少し落ち着いて来たみたいですね。
動けなくなるほど辛い事はないもんね;;
このまま安定してくれると良いネ。

ドン君、そんなことがあったんですね。。。
私が小さい頃も、家でそういうことがいくつかありました。
時々想い出しては胸が苦しくなる時があります。
可哀想なことしたしたな~って(涙)
今とはだいぶ違ってて、周りもそんな感じの話をよく耳にしたりとかありましたよ。
私もそう思う時があります!
償いと言うか、何処か繋がりがあったりするんじゃないかなかって。
ドンくんきっとぱっちさんの傍で見守ってくれてると思うんです^^
だからようすけくんもずっとぱっちさんの傍にいたいと思うんです。
ドン君との出会いもようすけくんとの出会いも必然だたったんだと思います。
年寄りヨーキーの根性はすごいと聞いてなんだか勇気が出てきました^^
ほんとにその通りですね。
ようすけくん、ほんとに頑張ってる!
おじじも負けちゃいられない。
私も頑張らないとおじじに申し訳ないもんね。
ぱっちさん、焦らずに歩いていきましょうね^^
みんな同じ気持ちですから。

投稿: choco | 2007年6月21日 09時13分

連続ですいません。

ようすけくんの心臓肥大の事。
今週検査結果がわかるのかな。。。
おじじも肥大してるらしいので、
年相応とは言われたけど、
ここ半年間でいろんなことが重なったのでかなり負担になってるような気がします。
寝ながら息遣いが荒くなったりとかもありますし。
ようすけくんもこの間あったみたいですね;;
シニアの子にとって夏は厳しいとよく聞きますが、
実感しています。。
室温とも関係してくるみたいなので、
その辺を注意しながら調節してみたりしています。
ようすけくん、肥大と言っても年相応なんだと思います。
心臓になにかある子はもっと以前からはっきり症状でるみたいですし。

ようすけくん、毎日暑いけど頑張ってご飯食べて早く元気になってね!
応援してるからね!!

長々とすいません;;

投稿: choco | 2007年6月21日 09時57分

こんにちは。

ドン君の思い出~ちょっと辛い思い出になりましたね。でも、その頃の事情~ドン君も分かってくれていますよ。そうして、思い出してあげている、ぱっちさん~ドン君も喜んでくれていると思います。

だから、ようすけクンを自分の分も長生きさせてくれているのかも~ドン君の分もようすけクンのこと~これからも頑張ってみてあげてくださいね。(^。^)

投稿: s-mako | 2007年6月21日 11時01分

じぃじの呼吸の方は 一安心だね。
ホント 良かった。良かった。
ドンちゃんのことだけど s-makoさんの意見と一緒だなぁ。

じぃじと一緒に居たからこそ ドンちゃんの事を思い出せたんだと思うよっ。
じぃじは ぱっちさんと暮らして 色んな事を教えてくれてるんだなぁ~。
じぃじは やっぱ 凄いぞっ!!
やっぱりじぃじ lovelove~!!

投稿: てんこ | 2007年6月21日 18時15分

☆ あぴこさん
今日妹と話したんですけど、
ドンはどうやら仔犬だったようです。
そんな事まで忘れてるなんて。
長いであろう犬生を、断ち切ってしまったかと思うと、ドンに対して申し訳ないです。
ようすけにはドンの分もがんばってもらわないといけませんね。
押し付けはいけませんが・・・。(^^;)

☆ thomas&diaの母さん
ど根性ですか。(^^;)
最近のようすけは、こっちが優しくしてるのをいい事に、
どんどんわがままになってきてます。
痛いかゆいが言えたら、ほんとさすってやりたいし、
掻いてやりたい。
ドンのことを思い出して、余計そう思っちゃいますよね。
それなのに、それにつけこんで。
ずる賢いんだから。(--;)
それだけ、まだまだ大丈夫って事ですよね。

☆ reomamaさん
私も同じように介護してる方のブログや、
老犬介護の思い出をつづったブログを読んで、
勇気付けられてます。
みんな一緒なんですね。
これからもいろいろ教えてください。

☆ コニタンさん
実はドンの前にも何頭か犬を飼ってたんですけど、
逃げて行ったり、よそのうちに貰われてったりで、
死に別れをした事がありません。
家から犬がいなくなる、今だったら考えられない事ですけど、
あの頃はそんな事深く考えもしなかった。
時代なんでしょうね。
今では、わんこも家族の一員、
いなくなるなんて思っただけで泣けてきちゃいますから。

☆ nekosannさん
いえいえ、nekosannさんだって、
がんばってますよ~。
いつもわんこ、にゃんこの事考えてるじゃないですか。
思ってあげてるじゃないですか。
大丈夫、チョビ君はまだまだ元気だもの。
これからどんどんいたわってあげてください。

☆ chocoさん
chocoさんも私と同年代ですか?
昔は今ほど、ペットに対して歩思い入れってなかったような気がします。
悪い人がきたら吠えて知らせる。
小さい頃は、犬ってそれが当たり前だと思ってて、
愛玩犬なんて言葉、なかったですからね。
今では、うちは子供がいないので、
子供代わりの存在ですもん。
年相応の肥大という事は、そうなるわんこが多いと言うことでしょうか。
悪いところが一つ見つかると、次から次へと出てきて、
まさかこんな事になるなんて、去年の今頃ようすけが体調を壊した時も、思いも及ばなかったですもん。
わんこの一年の速さの成せる事なんでしょうね、きっと。
chocoさんもおじじと一緒にがんばってくださいね。

☆ s-makoさん
そうですね、ちゃんと償わないといけませんね。
ようすけもきっとそうして欲しいと思うはず。
思い出してあげる事が供養になるんですもんね。
ようすけが元気になってくれるように、
がんばっていかないといけませんね。

☆ てんこさん
てんちゃんも、てんこさんに色々教えてくれてますよ。
今回の事だって、早期発見できて、
これから気をつけていくように教えてくれたんだもん。
ずっとてんこさんと一緒にいたいからだよ、きっと。
わんこには偽りの愛情なんてないから。
てんちゃんもてんこさんもがんばってね。

投稿: ぱっち | 2007年6月21日 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 病院へ | トップページ | 色んな事に不安になって・・・ »