« お別れと約束 | トップページ | 写真がない »

温かい言葉と心無い言葉

20060521_1 去年5月下旬の写真です。

15歳になって一ヶ月です。

こうやって毎日、

側溝を元気に飛び越えてた。

この姿がうれしくて、

止めもせず、たくさん飛ばせてしまって。

そのせいでヘルニアになっちゃったかも。

20060403_12 ごめんよ~。(^ ^;)

これは4月頃。

これからは、元気な頃の

ようすけの写真をアップします。

よかったら、見てやってください。

皆さん、毎日暖かく優しいお言葉をたくさん、たくさん、

いただき、ありがたく読ませていただいてます。

昨日久しぶりに、皆さんの所を巡回させていただきました。

すごくうれしい事がありました。

まだ、コメントを書き込めなかったので、

ここでお礼を申し上げたいと思います。

ご自分のブログでようすけの事を書いてくださった皆さん、

本当にありがとうございます。

ようすけもきっと、虹の橋で喜んでいると思います。

うれしくて、うれしくて、またまたたくさん泣いちゃいました。

こんなにたくさん温かい言葉を下さる方がいるのに、

昨日、心無い電話の言葉で少々めげてました。

「何時までもくよくよと、引きずってたらいかんよ。」

「ようすけがいなくなったから、ゆっくり食事が出来るでしょ。

ばんごはんでも食べにきたら?」

何時までもくよくよと?

だってまだ、二日しかたってないんだよ。(T T)

いなくなってゆっくりご飯が食べられる?

何でそんなひどい言葉吐けるの?

「慰めで言ってるんじゃないの。」

はあぁー?!

私の母です。

いつも見当違いな慰めを言うので、大喧嘩になります。

いつも心無い言葉で、私たち姉妹を傷つけてくれます。

時には父まで・・・。

でも、本人は自分が言った言葉で、

相手がどんなに傷ついてるかなんて、知りもしないし、

気づきもしてません。

「言葉はよく考えてから口にした方がいいよ。」

「何気ない一言で傷つく人もいるんだから。」

と何度、言ったか分かりません。

でも直りません、性格なんでしょうね、仕方ない。

父も妹も私も、毎度の事なので、半ば諦めてますが・・・。

でも、今回だけはいくら自分の親でも許せなかった。

うちに子供がいないので、私の両親には孫はいません。

「孫代わりだわ。」と言って、すごくかわいがってくれてたから、

同じように悲しんでくれてると思ってたのに・・・。

自分の親の事です、本当は書きたくなかったんですけど、

どうにも腹立たしくて。

読んで不快になってしまったらごめんなさい。

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

|

« お別れと約束 | トップページ | 写真がない »

ようすけ 没」カテゴリの記事

コメント

更新されましたね、少しは気持ちが落ち着きましたか?
私も、大きな心の穴を埋めるのは、相当の時間がかかると、覚悟しています。
いつまでもくよくよしていて、何が悪い!(怒り)
エヘヘ・・・・仲間はいっぱいいるよ、頑張ろうね。

投稿: reomama | 2007年7月 9日 12時47分

悲しくてブログ見れないでいました。
以前私も大きな穴を埋めるのには時間がかかりました。あたりまえなんです。家族だから。
お母さんだけど、バカバカ!大バカ。(ゴメン)
ぱっちさん、元気なようすけ君たくさん見せて下さいね。
一緒にがんばりましょう。
そう仲間はたくさんいるのです。

投稿: マピ | 2007年7月 9日 13時11分

はじままして。ヨーキーれおちゃんのブログからやってきました、お竹といいます。
私はヨーキーが欲しかったのに、何故か秋田犬と暮らしています(笑)
ようすけ君、お気の毒でした。いつかは必ずやってくる別れとはいえ、大事な家族を失う事、その喪失感は何者にも替えがたいと思います。
うちの実家の父も、可愛がっていた猫を交通事故でなくしたときに、一ヶ月以上、ご飯もろくろく食べずに泣いてばかりいました。飼っていたビーグルが死んだ時も、家族みんなが一ヶ月以上、言葉少なに過ごしました。
うちも子供がいないので、犬猫達が子供と同じです。
今は、泣きたいだけ泣いて、思い出に浸るのが一番だと思います。人間は、まずその悲しみに浸りきらなければ、絶対に次になんていけないんです。
ようすけ君に注いだ愛情の分だけ、喪失感から抜け出すのは容易ではないと思います。
今は、元気になれなくて良いと思います。
そのうちに、ようすけ君が『お母さん、僕は大丈夫だよ』って、天国から言ってくれる日がくると思います。
初コメントで長文ごめんなさい。

投稿: お竹 | 2007年7月 9日 13時28分

15歳で側溝を元気に飛び越えてたなんて・・
ようすけくんってほんとに元気な子だな~って思ってました。
4月頃のようすけくんも可愛いね~。
こっち見てるよ!

ぱっちさんのお母さん、ほんとは心配してるんですよ~。
ようすけくんのことだって可愛いに決まってるじゃないですか!
照れ屋なんです。
でも、ぱっちさんの気持ちすごいわかる。
おじじは元々うちの母のわんこで、
5歳まで一緒に暮らしてたのに、
自分達の勝手で遠くに引っ越しってったのに、
10年経った今でも1度も連絡くれないですから。
病気したって言ってからも1度もなしです;;
自分から電話したら「メソメソするな」って言われました。
あんなに可愛がってたのに;;
それのが寂しいです;;
1番理解して欲しい人にわかってもらえないのって辛いです><
ぱっちさんのお母さん、ぱっちさんの気持ちわかってるからキツイこと言って慰めようとしてるような気がします。
じゃなかったらようすけくんの話だってしないと思います。
ご飯食べにおいでなんて、言わないです。
ちょっと不器用かも知れないけど、良いお母さんじゃないですか~。
でも私も実際そう言われたら悔しくて泣いてしまうと思います。
くよくよするなって言われても無理です。
大事な息子なんすから。

お母さん、ぱっちさんにもう少し優しく声かけてあげて下さいm(_ _)m


投稿: choco | 2007年7月 9日 16時09分

そう、そう、ようすけくん、よく動画で側溝を飛んでたね、チョビも明日で15歳だけど、もう、側溝飛ばなくなったよ、。・゚・(*ノД`*)・゚・。
母だから言える言葉かもしれませんね、
パッチさんの体を気にしての言葉かもしれません、
親は、早く元気になってほしい・・・それがきつい言葉になるかもです。
自分の気持ちは殺すときがあるんですよ、
でも、たくさん泣いて、泣いて、楽しい思い出を見たいです。

投稿: nekosann | 2007年7月 9日 16時23分

そう、そう、ようすけくん、よく動画で側溝を飛んでたね、チョビも明日で15歳だけど、もう、側溝飛ばなくなったよ、。・゚・(*ノД`*)・゚・。
母だから言える言葉かもしれませんね、
パッチさんの体を気にしての言葉かもしれません、
親は、早く元気になってほしい・・・それがきつい言葉になるかもです。
自分の気持ちは殺すときがあるんですよ、
でも、たくさん泣いて、泣いて、楽しい思い出を見たいです。

投稿: nekosann | 2007年7月 9日 16時29分

春には元気に散歩していたようすけ君が、夏の初めにはお星様になるなんて本当に信じられないですね。
側溝を跳んでるようすけ君本当に可愛かったですね。
ようすけ君は側溝を跳ぶのがすごくうれしかったのだから、その時は幸せだったのよ。

老人は浮かんだ言葉をすぐ口に出しますよね。心配してくれてるんだろうと思うけど、私も、ムッとすることがそっちゅうです。でも、やっぱり励ましているつもりなんですね。先日も友達と、「年を取って丸くなった人見たことある?」なんて会話してました。みんな老人の言葉に傷ついてるんだな。老人力のせいなのよ。傷ついてもいつのまにか許しているんだよね。親子だから。

投稿: K5かあちゃん | 2007年7月 9日 17時56分

私は愛犬こてつくんが天国にいってしまったとき、3ヶ月ぐらいすごく落ち込んでしまって、心もすごく狭くなっていました。
そんなときに私も友人から心無い言葉をいわれてひどく傷つきました。
「もう老犬だったんでしょ?心臓よわかったんでしょ?よくいきたほうじゃん!」と。
なかなか前向きに考えることも出来ず、犬を見るたびに苦しくなっていましたが、ある日決心して「もうそばにいなくていいよ!天国で見守るか早くうまれかわって!」と願ってからすごく前向きに考える事ができるようになって、体調も回復しました。きっとこてつくんが早く開放して!って言っていたのだと思います。三ヶ月拘束してごめんねってあやまりました・・・。

ようすけくんの表情とても15歳にはみえませんね!くりくりおめめがとっても可愛いです♪
またようすけくんの思い出アップしてください。

投稿: チャムママ | 2007年7月 9日 18時10分

よかった。また可愛いようすけ君が見れて。
側溝飛んでる、ようすけ君見てビックリしたもん。何度も飛んでた。ほんとにじいじなの!
9歳のミニーが少し飛ぶのも見てるのドキドキしてたのに。ようすけ君15歳うそー!
4月のようすけ君カメラ目線カッコいいね。
明日はどんな、ようすけ君に会えるんだろう。

投稿: ミニー | 2007年7月 9日 18時44分

ブログ更新してくれて嬉しいです。みんなで思い出しましょうネ。
お母さんも悪気があって口にしたのではないでしょう。
元々そんなお話の仕方のようですし…(お母さんごめんなさい)
ただ日が浅すぎてばっちさんも苦しかったね。
でも…
ブログを通してこうしていっぱい気持ちを理解してくださる方がいて
幸せよ…。私は龍ちゃんの時ブログしていなかったから
なかなか立ち直れなかったもの…。
でも…
そんな心を癒してくれたのもやっぱり犬でした。
そう…トーマス…。
そしてそのすぐ後にダイアの里親になりました。
これも縁だと感じます…。
うちは龍ちゃんもトーマスもダイアもショップからきた子ではないので
犬同士の絆も深かったような気がします。
そして今私や家族との関係もしっかりしているって
勝手に思っています。ようすけ君もばっちさんも
とても幸せな環境だったと思います。
男マエのようすけ君のUP楽しみにしていますね~。
ゆっくり…ゆっくり…ね!ばっちさん!
みんなで若かりしようすけ君を見て笑っていこうね。
ようすけ君!
君もど根性ヨーキーだったぞ。(笑)

投稿: thomas&diaの母 | 2007年7月 9日 19時04分

ヘルニアのお薬を飲んでる~頃からのようすけくんしか知らないですから、元気な頃のようすけくんを時々見られたら嬉しいです。
6年前に父が亡くなって、その頃はダイヤとリボンだけでしたが、お葬式の日、母に「犬は納戸に入れておいて」と言われて、悔しいから動物病院(車で30分)に預けに行きました~
普段の里帰りの時は可愛がってくれるのですが、チッコ漏らしなんてしたら、3日ぐらい嫌味言われます~本当は可愛くないのかな?なんてね。。。

ぱっちさんのお母さんは上手く言えないけど、きっと「いつまでも悲しんで欲しくない」と思ってるんじゃないでしょうか?
でも3日じゃ、まだまだ悲しいよね。

投稿: コニタン | 2007年7月 9日 22時52分

ぱっちさん
「やだよぉ~どうしちゃったのさ、リラックスリラックス」って・・・きっとようくけ君が向こうから言ってますよ。
なにを隠そう『私のママ』もぱっちさんのママと同じタイプです。
私は、急がなくていいと思うなぁ~。
ゆっくり、ようすけくんの話しましょうよ。
ママは、『置いといて』ね♡

そうだ!!!パソは・・・復活しましたか?
(あ~心配・笑)
ゆっくり生きましょう(^^)

投稿: | 2007年7月 9日 23時09分

メンテの為、コメントが遅くなってしまいました。

ぱっちさん~ようすけクンのこと~今まで大切になさってきた事~よーくわかります。これからも、元気なころのようすけクンのお話やお写真~いっぱい見せて下さいね。私も、ようすけクンに会いたいですからね。♪

お母さんのこと~ぱっちさんの事を思って、ついそうおっしゃったのかも~きっと、お母さん~ぱっちさんのこと元気付けようとなさったんですよ~そう思ってあげましょう~ね。お孫さんみたいにかわいがっておられたのですから~きっと、心の中では泣いておられると思いますよ。ようすけクンもぱっちさんがこれからも元気に暮らしていかれる事を願っていると思いますから~頑張ってくださいね。(^^)

投稿: s-mako | 2007年7月10日 23時50分

初めてコメントします。
あまりにも私と境遇が似ていたので。

私の愛犬も16歳と2ヶ月で
7月9日に逝ってしまいました。
パッチさんのようすけクンさんと同じ腎不全でした。
お誕生日も5月5日で近いんです。

私も今はとても悲しくて辛くて
ネットで色々情報を探している内に
パッチさんのブログにたどり着きました。
自分と同じ境遇で
愛犬の老化と闘病生活を向き合っていた人が
いたんだと
そして最後の選択、通院をやめる選択も
自分が間違っていなかったんだと
勇気付けられました。
私は何も記録として残していないんですが
パッチさんの過去ブログ拝見させてもらって
最後の苦しい姿ばかりでなく
元気だった頃のことを思い出せました。
ありがとうございます。

投稿: yume | 2007年7月11日 11時10分

☆ コメントをいただいた皆さんへ
たくさんの方々にコメントいただいて、
本当にありがたく思っております。
母の事は、私も少し反省してます。
母もきっと、私の事を思って言った言葉だと思います。
ただ、あまりにもタイミングが悪すぎて・・・。
そのうち電話でもして誤ろうと思います。
今はまだ、また喧嘩しちゃうといけないので。(^^;)
前向き、前向きですね。

投稿: ぱっち | 2007年7月11日 16時58分

読んでてちょっと泣けてしまいました~(>_<)
我が家のヨーキーも12歳。糖尿病でインスリン注射を毎日。目も見えません・・・。
まだまだ長生きしてほしいけど、
ようすけくんの記事を見て、
いつか来るべき日を想像出来てしまうせいか、
同じ気持ちになります。

ようすけくん、きっと天国でも
ありがとって、しっぽ振ってますね。

投稿: lisho | 2007年7月11日 18時20分

☆ lishoさん
コメントありがとうございます。
12歳ですか、私もようすけがそれくらいの頃は、
漠然とした別れにびびってましたよ。
みんな同じなんですね。
心構えは必要だけど、滅入るのはまだ早いです。
一日一日を大切にしてあげてくださいね。

投稿: ぱっち | 2007年7月12日 11時03分

初めまして。 トイプードルの小太郎君の日記をみていて,何となくヨーキーの所をポチットしたら、ようすけさんの事を知りました。そして 私とまったく同じ悲しみをなさっている事を知り投稿させていただきました。私もポメラニアンとヨーキー2匹で3わんこを飼っていましたが,相次いでなくしてしまいました。ポメは4年前なのですが、ヨーキーは2月15日にそして6月19日に天国に行ってしまいました。13歳半と14歳4ヶ月でした。とても小さな子で750gの女の子と950gの男の子でした。いつも前掛けのポッケトの中に2匹入れて歩いていたりしたので町ではちょっとした名物でした。動物霊園の方にお願いして3匹一緒にしてもらい、写真も一緒に写っている物を置いてあります。呼んだような気がしますとおっしゃっていますが
私もまったく同じです。3日続けてきてくれました。
姿も声もはっきりと現してくれました。妄想でも思い込みでもありません。今まで亡くしてしまった子達もみんなきてくれています。 ある人に聞いたらそれは
、その子達が本当に可愛がってくれた事を感謝しているからだそうで、幸せだったから余り悲しまないでねと言うメッセージだそうです。だから私もそれを信じて毎日お水を上げるときに、大丈夫だからね、そのうち新顔ちゃんを紹介するから、見守っててねと呼びかけています。ばっちさんも気持ちを切り替えて、ようすけさんはようすけさんで忘れるわけじゃない。あなたの心の中にいつまでも生きているのだから、又次に可愛い子を手にいれられたらどうでしょうか、冷たい人と思われるかもしれませんが、実際 あなたのお世話がなければ生きていかれない子が傍に来れば、嫌でも忙しくなって、その子に夢中になっていきますよ。
私も犬がいなくては寂しいし、また私の残りの人生であと何匹共に生活出来るかなあと思う日々です。ばっちさん 一緒に頑張りませんか?・・長いコメントになって御免なさい。ご迷惑でなかったら又投稿させていただきます。

投稿: ruru | 2007年7月14日 01時00分

☆ ruruさん
コメントありがとうございます。
ruruさんも同じ思いをされたんですね。
うちも四十九日が過ぎたら動物霊園に
納骨してもらうつもりでいます。
最初は家にずっと置いておくつもりでしたが、
お友達がたくさんいる所の方がようすけにとっても
楽しくていいですもんね。
そうですね、縁があったら、
新しい子を迎えるつもりでいますよ。
いつになるのかは分かりませんが。
きっと、ようすけが導いてくれると思ってます。
またよかったら、遊びに来てくださいね。

投稿: ぱっち | 2007年7月14日 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お別れと約束 | トップページ | 写真がない »