« 私だって・・・ | トップページ | 夜間救急動物病院へ »

はっちゃん病院へ

200708095 また病院へ。

昨日からはっちゃん、

マナーベルト犬になっちゃいました。

実は、大変な事に。

はっち君、血尿が止まらなくなっちゃいました。

下痢がやっと止まったばかりなのに・・・。

診断は一応、膀胱炎。

でも、ひょっとすると尿路結石かもしれません。

ひとまず点滴を打って、抗生剤をもらってきました。

今日は休診日。

何かあったら、夜間の救急動物病院へ行ってくれと、

地図と電話番号を渡されました。

ショック・・・で、しばし呆然です。

200708093 おとといから

うっすらピンク色だったおしっこ。

今は真っ赤です、

臭いも血液そのもの。

こんなに出血して、貧血で倒れちゃうんじゃないかと心配。

残尿感が気持ち悪いようで、

落ち着かずあっち行ったり、こっち行ったり。

ほとんど眠れてないようです。

こんなにちっちゃいのに、

なんでこの子はこんな目にあわなきゃいけなのかな・・・。

でも、これはこの子の宿命なんだと思って、

そしてうちに来たのも、宿命なんだと思って、看病してます。

ようすけさんが遺して行ったマナーベルトも、

子供用オムツで作ったパッドも役に立ってます。

まるで、用意してあったかのようで、正直怖いです。

トイレトレーニングもすごくうまくいってて、

覚えが早くて喜んでいた矢先だったのに・・・。

今は、病気が少しでも早く治ってくれればそれでいい。

治ったらまた、一から覚えればいいだもんね。

200708094_2 甘噛みと、カジカジがひどいので、

シルキーガムをあげました。

でも物足りないようなので、

普通のガムをあげたら大喜び。

はっちには少し早いけど、ストレス解消してください。

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

|

« 私だって・・・ | トップページ | 夜間救急動物病院へ »

はっち 病院」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

はっち君~かわいそうな事になって、ぱっちさんもご心配ですね。ようすけクンのマナーベルトがこんなところで役に立つなんて~やっぱり、はっち君は来るべきとして、ぱっちさんの元へやって来たのでしょうね。♪

これが、縁というものなのでしょうか。不思議ですね。はっち君~早く病気が良くなるといいね。ぱっちママやぱっちパパ~そして、ようすけクンも守ってくれているから~負けちゃダメだよ~がんばってね。(^。^)

投稿: s-mako | 2007年8月 9日 14時30分

こんにちわ。ハッちゃんとても心配です。早く完治してほしいです。ヨウスケ君ハッちゃんに力をあげてください。優しいパッチか~ちゃんもついてるよハッちゃん。元気が何より一番ですから。頑張れ頑張れみんながついてるよハッちゃん。

投稿: 真君 | 2007年8月 9日 14時37分

はっち君下痢が止まったばっかりなのにね。
マナーベルトしていたら、おしっこ我慢しませんか?可哀想だけどケージに入れて、いつでもおしっこできるようにしてあげては・・・

うちの子も尿路結石になりました。
半日おしっこしてなくて、しばらく病院のフード食べてたら治りました。

はっち君頑張って!かーちゃんも頑張ってくれているから・・・

投稿: ミニー | 2007年8月 9日 15時14分

初めてコメントさせて頂きます。

ようすけ君、虹の橋を渡ったんですね。
ママさんもようすけ君もどんなに辛い日々だったか・・・
ようすけ君、頑張ったね。
我が家の初代犬ヨーキーは、昨年4月14日にお星様になりました。
11才と4ヶ月、突然死でした。
あまりに突然のことで、受けいる事が出来ず、私と弟分のヨーキー10才は途方に暮れてしまいました。
あれから1年、やっと私も弟分ヨーキーも落ち着き、命日の4月に、ブリーダー崩壊現場からレスキューされたヨーキーと縁があり、我が家の3代目として迎えました。
2代目ヨーキーは、小さい頃から結石が出来やすい体質で、二度の手術(一度は生死をさまよいました)、度重なる血尿、2キロしかない小さな身体で頑張って来ました。
最近は落ち着いています。
はっち君大変ですが、頑張って下さい。
応援しています。

大変な時に、長々のコメントになってしまい申し訳ございません。

投稿: ぽんまるの母 | 2007年8月 9日 16時21分

ううう…血尿…!
はっちゃん大変ですね。
リッヒも一度血尿になったことがあります。ほんとに真っ赤な尿で…あれを見ると誰でもビックリしてしまうと思います。
はっちゃん、難続きで何て言ったらよいのか…はっちゃんも、看病するぱっちさんも辛いと思いますが、ガンバ!
ようすけじいじもお空から弟はっちゃんのことをきっと応援してくれてると思う、はっちゃんガンバ、みんな応援しているよ。

投稿: めいぷる | 2007年8月 9日 17時13分

はっちゃんとの縁…すごくようすけ君が関係してますね。
ようすけ君が『ママ助けてやって!助けてやって!』と
言っているんでしょうね…。
まだまだ小さすぎて本当にかわいそう…。
でも…あのままショップにいたら…?
きっとはっちゃんもぱっちさんに逢えてよかったと
頑張っているんだね。
頑張れ~。ままがついているから安心して早く病気をやっつけちゃおうね~。

投稿: Club Thomasの母 | 2007年8月 9日 19時18分

はっちちゃん、大丈夫でしょうか・・・・?
心配です・・
お友達に話したら、同じ事があって・・・・
でも良くなったそうなので、はっちちゃんもきっと良くなりますよね!

マナーベルトなど、やっぱりようすけくんがママにたくしてるんですね。
宿命ってあるんですね。

ようすけくんもきっと手を差し出してくれてると思うので、ぱっちさんはっちちゃん頑張ってくださいね☆

投稿: ちえ | 2007年8月 9日 20時27分

ますます運命の出会いだったのですね~
ハッチ君はすごくラッキーな子です
絶対治して元気になるんだよ!!
みんな応援してます。
結石からの膀胱炎うちも去年なったけど血尿までにはならなかったのでそれはビックリ・・
小さい体でこんなに病気があるなんてかわいそうで・・。

この愛くるしいお顔をニコニコ笑顔にしなくっちゃ!!

投稿: あぴこ | 2007年8月 9日 21時35分

本当に運命の子としか思えない
これを無事に乗り越えたら
きっとものすごい固いきずなができますよ
ようすけ君とはっちちゃんとぱっちさん、
お辛いでしょうけど、
頑張って!
(昔、同じようなこと、書いたような・・、)

投稿: reomama | 2007年8月10日 00時15分

出かけていて、数日間ブログを拝見出来なかった間に、、、、、はっちゃん大変でしたね。
はっちゃんが、ぱっちさんの子で本当に良かったと改めて思いました。あのままブリーダーさんの所にいたらと思うと、考えただけでも怖いです。
今は辛い思いをしている分、良いことがそれ以上にあるので、絶対に良くなりますよ。ようすけ君が守ってくれますよ(^_^)
ガムを噛み噛みしているはっちゃん、超可愛いです♪しかも普通の硬さのガムを噛めちゃうなんて、すごいですね!うちの子もそうですが、ヨーキーは硬い物を噛むことが苦手な子が多いから、歯周病になりやすいので、でも、はっちゃんは歯が丈夫になって、おじいちゃんになっても、何でも美味しく食べられますね(^_^)

投稿: ヒロリ | 2007年8月10日 00時49分

ハッちゃん 辛いね。。苦しいね。。
赤い血尿ですか。。こんな小さな体でどうして!
なんで! ようすけく~ん助けてね
ハッちゃん 辛いけど頑張るのよ
ママさんも大変ですが どうか頑張って下さい
絶対に治る!!

投稿: アトムママ | 2007年8月10日 08時18分

☆ コメントをいただいた皆さんへ
本当にたくさんのコメントをいただいて、
ありがたく思ってます。
はっちも一生懸命頑張ってます。
だから、私も頑張らないといけませんね。
お一人お一人にお返事したいのですが、
気持ちが落ちつかなくて書けません。
許してくださいませ。
今日のブログをお返事とさせていただきます。
本当にありがとうございます、心強いです。

投稿: ぱっち | 2007年8月10日 11時20分

はっちがんばれ!!!
小さい体で大変だとおもうけど。。。。
ぱっちかぁさんも、精神的にもつらいと思いますが、がんばってくださいね
絶対大丈夫!だって、ようすけさんがついてるから!!

投稿: あんあん | 2007年8月10日 11時42分

はっちちゃん大変でしたね
私も初めてのパピーーでかなり心配ばかりしてました。
食欲がなくて本当に心配してよく病院のお世話になりました。
今は元気でお散歩大好きっこになりました
早くはっちくんも元気になって思いっきりおそとで駆け回れるようになるといいですね

投稿: ゆみ | 2007年8月10日 13時51分

☆ あんあんさん
ありがとうございます。
ようすけさんの間謬がまだ続いてるように、
錯覚する時があります。
きっと、ようすけも見ててくれると思います。

☆ ゆみさん
パピーは久しぶりなので、どうしたらいいかまったく見当がつきません。
ようすけと同じくらいで、はっちがきたのにね。
忘れちゃってますね。(^^;)

投稿: ぱっち | 2007年8月10日 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私だって・・・ | トップページ | 夜間救急動物病院へ »