« 病院へ | トップページ | 4ヶ月 »

四十九日

200708233 きれいなお花頂きました。

ありがとうございます。

ようすけさんもきっと、

喜んでると思います。

200708234今日はようすけさんの四十九日です。

昨日は定休日。

先週までだんなは、

「一日早いけど、水曜日に納骨に行く。」

と言ってました。

でも、お休みなのに午前中は仕事が入って。

火曜日の夜に、

「明日午前中仕事なら、納骨は午後から行くの?」

と聞いてみました。

「納骨か・・・。そうかな・・・。」

と、なんだかはっきりした返事をしてくれない。

会話はそれきり続かずに、当日の朝。

お店に行ってから電話がかかってきて、

「午後からも仕事になったから、納骨は取りやめ。」

だって。

こっちはその気もないのに気持ちの整理して、

四十九日に納骨って決めたのに。

結局、早く土に返さなきゃいけないって言ってた本人も、

まだ踏ん切りつかなかったんだろうね。

私としては、こういう事になって一応ほっとしてます。

本当は、成仏してもらうためにも

200702241 早く納骨してあげなきゃ

いけないんだろうけど。

百か日になるか、

1周忌になるか分からないけど、

それまでしばらくはようすけさん、一緒にいてね。

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

|

« 病院へ | トップページ | 4ヶ月 »

ようすけ 没」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

早いものですね~もう四十九日になりましたか~月日が経つ早さにびっくりですね。

旦那様~まだ、ようすけクンをそばに置いておきたいのでは~きっと、寂しいのかも~納骨するのは、もう少し先でも~ね~ぱっちさん~弟のはっち君もいっしょだし~4人の暮らし~もうしばらく、そのままで~

はっち君のケンネルコフ~きっと、その元気で、克服してくれることでしょう~頑張って下さいね。(^。^)

投稿: s-mako | 2007年8月23日 15時42分

ようすけくん もう49日になったのですね
納骨 私だったらやはり離せない気がします
公園のお友達で 先住犬のお骨の一部をいつも持ち歩いて居る方が居ます
よく成仏出来ないと昔からいいますが
それと共に残されたものへの配慮もあると思うのです 少しずつ立ちなおらせて少しずつ忘れさせる そんなふうにも感じます
納骨も人それぞれ自由なのでは。。
心の整理が出来て手元から離せるようになってからでいいと思います
それが短かろうと長かろうと本人しかわからないと思うのです

昨日のニュースで飲酒運転の犠牲になって幼児3人を失ってしまった若いご夫婦のインタビューを聞いててこの1年どうやって過ごされたのかと思うと胸が詰まるおもいで涙しました

ようすけくん~ はっちくん ママ パパの事を
ずっとお空から見守って下さいね
れおくんやダンボちゃんと遊んでいるかな。。。

リンク貼っていただいてありがとうございます
私も貼らせてもらいましたよ
これからもよろしくです

投稿: アトムママ | 2007年8月23日 15時43分

もう49日なんですか・・・いまだにじいじはパッチさんのもとにいるような気がします。本当は天国にいるのに。納骨やはりまだ側にいてほしい気持ち痛いくらい分かります。皆様と同じ気持ちでパッチさんの気持ちの整理がついた時でいいと思います。じいじ凄く愛されて幸せだねって思います。いまだにじいじの写真みると癒されます。これからもずっと見守ってくれると思います。今はパッチさんの中にヨウスケじいじは永遠に生きてると思います。じいじ、ハッちゃんを守ってあげてね。

投稿: 真君 | 2007年8月23日 16時26分

ようすけ君四十九日になったんですね。
「納骨」の事旦那さんと話したんですね。
気持ちの整理には、時間がかかりますよね。

ようすけ君がはっち君の事心配なんで、お仕事
になったんだろうね。
ちゃんと守ってくれてるんだね。
優しい、ようすけ君。

投稿: ミニー | 2007年8月23日 16時49分

お花はようすけ君の四十九日にと…
でももしかしたら…この日は納骨?と思って
1日前に到着するようにお花屋さんにお願いしました。

ようすけ君…私も君のことは絶対に忘れないよ。
ぱっちさんは16年も共に過ごしてきたんだもの…
いっぱいいっぱい思い出があって一生忘れないよね。
ようすけ君は感謝して安心して虹の橋を渡っていったはず…。
そしてしっかり、はっちゃんにぱっちさんのこと
バトンタッチしています。
はっちゃんが…ようすけ君が…
いつもぱっちさんのそばにいるからこれからも
一生懸命頑張っていかないとね。

投稿: Club Thomasの母 | 2007年8月23日 20時53分

私も皆さんがおっしゃられるように、ぱっちさんとパパさんが思った時でいいと思います。ようすけ君との4人家族で楽しく過ごして下さい♪
前に家にいたミニピンのララは、6年も経ちましたが、私と母の気持ちの整理がつかず、未だに実家にいます。その間に私も弟も結婚して、離れてくらしているので、余計に側においておきたいみたいです。たぶん、母の気持ちの整理がつくことはないと思うので、ずっとこのままだと思います。
人それぞれなので、母の気持ちを大事にしたいと思っています☆

お話が変わりますが、365カレンダーで、はっちゃんを見つけました♪モニカは12月17日で、ミーシャがテリアの5月11日です!
ヨーキーはもう少しで完成ですね♪完成するといいですね☆

投稿: ヒロリ | 2007年8月23日 21時23分

もう49日になったのですね…
旦那様どうされるのかなと思っていましたが…旦那様もやっぱりまだ…ぱっちさんと同じ気持ちだったのでしょうかね。
ようすけさん、もう少しオウチに居てみんなを見守っていて下さいね。
はっちゃんの具合が良くなるよう力を貸してあげてね。。。

「ようすけさん、去年の2月頃ブログで出会った時は14歳でしたね。童顔のようすけさんはもっともっと長生きしてくれると思ってた。。。会えなくなってとっても寂しいよ、ようすけさん。。。」

投稿: めいぷる | 2007年8月23日 22時56分

49日ですか。。
早いですね~きのうのことのように思えるし。
はっち君はず~っと前からいるような気もするし。。何だか不思議です!
このタイミングがうまくつかないのもようすけちゃんがもしかしたらまだぱっちさんのそばにいたいからかもね。
いい時がくるでしょう。時の流れに任せましょう。
はっち君守る為そばにいてくれるんじゃない??

投稿: あぴこ | 2007年8月24日 00時22分

7月6日が昨日の事の様に思えますが、もう四十九日も過ぎてしまったのですね…

納骨するつもりでいらしたご主人にお仕事が入ったりして都合が合わなかったのって、ようすけくんが「ボクまだお家に居たい」って思ってたのかも知れないですね~

投稿: コニタン | 2007年8月24日 01時39分

早いですね、あっという間の49日だね、私にとっては・・・
土に返す、これが当たり前と思ってました。隠岐の島には火葬をしてくれる所が無く、土に返すしかないのです。
でも、お骨を拾えたら・・・私もわからないかも・・・

投稿: nekosann | 2007年8月24日 09時28分

☆ s-makoさん
あっという間な感じです。
初七日の頃は、「四十九日に納骨」って言い切ってたのに、
いざその日がきたら、腰が引けたようです。
仕事だと言ったって、違う日にお願いすればいい事なんですもんね。
その気になった時が、ちょうどいい時期なのかもしれません。

☆ アトムママさん
私もお骨を少し残したいと思ったんですけど、
「お骨は土に返すべき」とだんなに言われ、
残してあった「歯」を肌身離さず持ってます。
はっちのおかげで、私は落ち込まずに住んでますから。
幼いわが子を一度に3人も亡くす気持ち、
怖すぎて考えたくないですね。
気丈に振舞ってるご夫婦、傷ましかったです。
きっと3人仲良く、お父さんやお母さん、まだ見ぬ妹さんを見守ってくれてると思います。

☆ 真君さん
四十九日は存在を感じませんでした。
むなぬかは来てくれてたみたいですけど。
でも、今回の事はようすけの仕業だと思えてなりません。
そばにいたいのなら、いつまでもいて欲しいです。
もう少しそばにいて、はっちに色々教えてやって欲しいですね。

☆ ミニーさん
気持ちの整理、したとは言っても出来てないのが本音。
まだまだです。
きっとそうだと思います、ようすけがそうしたんだって。
いい子でしたから。

☆ Club Thomasの母 さん
きっと四十九日にあわせて送ってくださったんだって思いました。
気を使ってくださってありがとうございました。
きっとようすけは、私たちがはっちの育児に四苦八苦してるの見てて、
「まだそばにいて助けなきゃ」って思ってくれてるんでしょうね。
まだまだですね。
納骨は心残りなく「この日にしよう」と思える日にしたいと思います。
お心使い本当にありがとうございました。

☆ ヒロリさん
そうですか、お子さん二人とも結婚されて巣立っていかれたら、
お母さんもお寂しいですもんね、お気持ち分かります。
妹に聞いたんですが、うちの母は、
「ペットはペット意外には考えられない」と言っていたそうです。
人それぞれなのは仕方ないですけどね。
なんか寂しく思いました。
ヒロリさんも登録されてるんですか?
じゃあ、早速見に行ってきますね。

☆ めいぷるさん
優柔不断な人ですから。
きっと決めかねてたんだと思います。
そうならそうで、言ってくれれば
私も余計な思いしなくてすんだのに。(--;) 
はっちを見てて思うんですけど、
ようすけさんは本当に童顔でしたね。
はっちは時々、おっさんくさい芳情してますから。
私もあの頃はぼけながらも、もっともっと長生きしてくれると思ってましたから。

☆ あぴこさん
早いですね、まだまだ亡くなる瞬間は脳裏から離れません。
はっちはずっと前からいるみたいに、
大きな顔して家の中を闊歩してますよ。(^^)
きっとようすけの仕業でしょうね。
まだいたいのならいさせてあげましょうか。
はっちの教育係としてね。

☆ コニタンさん
うちのだんなは優柔不断なんで、
本当に納骨する気持ちでいたのかわかりません。
きっと、本人も踏ん切りがつかなくて、
わざと仕事を入れたのかもしれないし。
その気があるのなら、仕事は後日でお願いするだろうし。
まあようすけさんの仕業と思った方が、
私もうれしいですからね。

☆ nekosannさん
名古屋市の火葬場ではペットも火葬してくれてるので、
お骨がいらない人は、そちらに頼んで火葬してる人もいます。
でも、やっぱりお骨欲しいですよね。
みんな一緒に火葬されて、誰のお骨か分からなくなっちゃうのって寂しいですから。
チョビ君はまだまだ元気だから、
こんな心配はいりませんよね。(^^)

投稿: ぱっち | 2007年8月24日 11時35分

なかなか手放せない気持ち、よく分かります。
我が家は、近隣の方には内緒ですが
小さな庭先の木の下に、土葬しました。
3ケ月前は、小山が盛り上がってましたが
いまは、だいぶ小さくなっています。
毎日会っています。
信心深い祖父が、それで充分というのです、
お骨、まだご自宅にあってもいいと思いますよ。

投稿: reomama | 2007年8月24日 14時02分

☆reomamaさん
ごめんなさい、お返事遅くなりました。
納骨しなくてすんでほっとしてるのが本心です。
まだまだ、離れがたいです。
お庭があったら、私も庭に埋めたかった。
どなたかがおっしゃってました。
「埋めたところが段々と平らになって、ああ土に返るってこういうことなんだって思った。」って。
そういう事なんでしょうね、土に返るって。

投稿: ぱっち | 2007年8月31日 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 病院へ | トップページ | 4ヶ月 »